Beautiful Home – ハウスクリーニング大阪ならコットンまで

日本一お洒落な掃除屋さん~プロモーションビデオ~

「日本一お洒落な掃除屋さん」

 

約5年前、「日本一お洒落な掃除屋さん」というタイトルでつくったプロモーションビデオ。
とてもカッコよくつくっていただき、多くの方にも好評をいただいてました。

久しぶりに宣伝です😆

エアコン完全分解クリーニング(エアコン完全分解パーフェクト洗浄)

この動画で行っている
エアコン完全分解クリーニング(当店では、「エアコン完全分解パーフェクト洗浄」というメニュー)をはじめて、10年ほどが経ちましたが、始めた当時から5~6年は、手間と時間のかかる、またリスクの高いこの作業を行なう同業社は非常に少なかったです。
見えるところをある程度きれいにすれば、”ある程度”きれいになった風にみえるので…

ただ、汚れがすぐに再発したり、違和感を感じたりするお客さんも少なくなく、業界全体への不信感にも繋がっているように思い、易きに流されず高い品質のクリーニングを提供しつづけてきました。
有り難いことに、その姿勢や品質を評価いただき、多くのお客様に喜んでいただけるようになりました。

しかし、今はもう、サービス品質のよさだけで、乗りきれる時代ではありません。
質が高いのは当たり前、その企業がどんな価値観を大切にしているのか。理念や世界観はどういったものなのか。何故、何のために事業を行っているのか。そして、どんな活動を行っているのか。そこに共感し、選ばれる時代がやってきています。

何故お洒落?

そもそも、なぜお洒落するのか?
動画の中でも話してますが、やはり一番は掃除に対するイメージを変えたかったということ。
世間一般の(イメージ)…というのもありますが、何よりも、私自身の掃除に対するマイナスなイメージを振り払い、楽しく仕事がしたい!という思いが始まりです。

日本一お洒落な掃除屋さん、を名乗りはじめてから、掃除という仕事に真剣に向き合い、技術や品質の追及はもちろん、日本特有の掃除に対する捉え方、文化的な背景についても深く知ろうとしてきました。
知れば知るほど、やればやるほど、奥深く、この仕事の魅力をより広めていきたいと思うようになりました。

日本が誇る天才数学者であり哲学者の岡潔 は、「人は極端になにかをやれば必ず好きになるという性質をもっています。好きにならぬのがむしろ不思議です。」と言っています。

私にとって、掃除もその通りでした。

追及すればするほど、深みに入り、掃除の奥深さに気づかされます。

今まで、掃除の仕事を始めた理由を、なんとなく成り行きでと言っていましたが、今思うと、やはり導かれていたとしか考えられません。

掃除の仕事を通して気づいたこと。

それは、あらゆる仕事や、そして、生き方について大切な学び、役に立つ気付きが全て含まれている、ということ。
そして若い時には気づかなかった、年齢を重ねるにつれて充実した仕事(精神面)ができるようになってきました。
もちろん体力的な衰えというものはありますが、精神的に若さがあれば、ある程度そのマイナスをカバーして、むしろ若い時とは違った、まるで作品を作るかのような創造性を土台とした、新たな価値、新たなやりがいづくり、生きがいづくり、そういったものを形にしていくことができると感じます。

とにかく、これからも、お洒落にクールにハッピーに、掃除を楽みながら、いい感じに広めていきたいと思います😆

あらゆる人が認め合い生き生きと生きられる寛容な社会にしたい。

そして、世の中に対して、事業を通じてどんな価値をつくっていきたいか。

どんな社会にしていきたいか。

ここが最も大事なところだと考えます。

当社の理念は「あらゆる人が認め合い、生き生きと生きられる寛容な社会の実現」と定めています。

競争社会の中で、多くの人が勝ち抜くことや成功を追い求め、自分が生き残ることを第一に考えるようになってしまい、社会の枠組みから外れた人たちを落ちこぼれや負け組と呼ぶようになり、生きづらく心の貧しい社会になってしまったと感じます。

今の社会の仕組みの中で弱い立場の人、働きづらさ生きづらさを感じている人、障害のある人、マイノリティの人、どんな人も認めあって(受け入れなくてもいい)、命の尊さを忘れず、命を輝かせながら生きていくことの出来る社会。そんな理想をつくっていくために、事業を通じて貢献していきたいと本気で考えています。

具体的には、福祉作業所方々と、新しい掃除サービスメニューを考えて、トライアルで試してみたり。。。

来年からは、エアコンのオフシーズンに、取り外して持ち帰ったエアコンを、倉庫内で洗浄する工程を切り分けて、いろんな人にチャレンジしてもらおうかと考え中です。

そして、ミッション(使命)は、「心の貧困、魂の貧困を解決していくために、また、生み出さないために、人生の目的を見つけ生き生きと生きる大人を一人でも多く生み出していくこと。」

掃除という行いを最大限活用し、ミッションを成し遂げるために、社団法人を立ち上げました。(一般社団法人そうじの学校)

また、詳しくは別記事で。☆